代金高濃度ビタミンC点滴療法は直接血管に高濃度ビタミンCを注入する方法です。

費用はクリニックによって異なりますが、その人の症状や注入する濃度などによって異なります。

まずG6PD検査などを行ってから濃度を調整しますが、だいたい25gで10,000円、50gで12,000円、100gで15,000円ぐらいになるでしょう。

高濃度ビタミンC静脈投与は非常に強力な抗酸化作用を
期待することができ
、大量のフリーラジカルを一掃
することができたりサイトカインなどが関係する炎症
を調整することが可能です。

コラーゲンの生成を促進することができ、壁を作ることで
腫瘍を囲い込むことができます。

高濃度ビタミンCの点滴療法を利用すると正常細胞は
十分なカタラーゼによって過酸化物を中和することができ、
最も優しい抗がん剤と呼ばれています。

ビタミンCは酸化されることにより強力な抗酸化作用を
発揮することが可能です。

化学療法では異なった作用において複数の薬剤を
組み合わせることで相乗的にがん細胞を除去する
ことができます。

IVC療法では多量のビタミンCを点滴投与ことから
血中濃度を治療域である350~400mg/dLにすることで、
ビタミンCはH202(過酸化水素)に対するプロドラッグ
としてがん細胞に働きかけ腫瘍を破壊することが可能です。

正常な細胞は過酸化水素などを中和することで
がん細胞を中和することができずに消えてしまうと
いう性質を利用した方法になります。

アンチエイジング

点滴療法を利用する前に軽い食事を済ましておきます。
血中濃度を測定し、その人に合ったビタミン量を調節します。

点滴は1回につき1時間~2時間ぐらいで、ビタミンCは
正常な細胞を傷つけない性質があるのでほとんど副作用の
心配がありません。

病気を治療する際に利用されたり、美容目的で施術を
受ける人も多くいます。

お肌の状態を改善することができたり、アンチエイジング
としても注目されている施術です。

高濃度ビタミンC点滴療法を受ける頻度と料金は?

高濃度ビタミンC点滴療法は健康や美容にさまざまな効果があると
言われています。

体内のがん細胞を死滅させる効果や美白効果、デトックス効果、
アンチエイジング効果などが期待できるため、特定の美容整形外科
やクリニックなどで治療が行われるようになったのです。

高濃度ビタミンC点滴療法は未承認なので治療費は全額自己負担と
なります。

そのためかなり料金が高くなってしまうのですが、末期がんの
患者やがんの再発が心配な人に人気が高くなっています。

効果的な治療

ビタミンCを一度に12.5~100g程度点滴して血中濃度を上げる
ことにより、がん細胞を攻撃するというのが高濃度ビタミンC
点滴療法と呼ばれる治療です。

ビタミンCは体内では生成することができないため体内に溜めて
おくことはできません。

また、水に溶けるという性質があるため、しばらく時間が経つと
尿と一緒に排出されてしまいます。

そのため一度にたくさんのビタミンCを注入しても意味が
ありませんし、週に2回程度治療を受ける必要があります。

抗がん剤や放射線治療と併用している人でも治療の頻度は
変わりません。

がんの腫瘍が完全に消失したら半年くらい週に1回の治療を
続けていきましょう。

その後は2週間に1回や1ヶ月に1回などといったように治療の
頻度を減らしていくことがポイントです。

治療の期間は症状によって異なっていますし、効果の出方
には個人差もあるということです。

ビタミンCは口から摂取するとどんどん酸化してしまいますし、
点滴による摂取の方が高い効果を期待できると言われています。

高濃度ビタミンC点滴療法は1回あたり1~3万円の料金が
かかってきます。

注射の費用だけでなく技術料などもかかってくることが
あるのでしっかり確認しておきましょう。

高濃度ビタミンC点滴療法は自由診療ということですが、
価格などはある程度統一されています。

週2回の通院でもかなりの出費となるため、無理のない範囲で
通うことがポイントです。