効果の持続性は?

ビタミン注射は注入するビタミン類によって、
得られる効果に違いがある点が特徴的です。

ビタミンCは美白効果やコラーゲンの生成量を
アップする作用によって、アンチエイジング効果が
期待出来ます。

また、免疫力アップや疲労回復にもビタミンCを
注入する、ビタミン注射は有効です。

ビタミンB1は疲労を回復する効果にリラックス作用が、
ビタミンB2は皮膚や粘膜の代謝をアップする作用を発揮します。

ビタミンB6は免疫力を高める作用、皮膚炎を予防する
効果が期待できるビタミンです。

このように、注入するビタミンによって作用に違いがあるので、
今自分に必要なビタミンをビタミン注射で補うようにしましょう。

クリニックによっては各種ビタミン類を合わせた、
カクテル注射という方法でビタミン注射を行うケースも
あるようです。

ただ、治療を受けるにあたり気になる事があります。
それは、1回の治療につき、どのくらいの持続性があるのかという事です。

血管内に注入したビタミン類は、吸収されたり体の外へと
排出されてしまうので、いつかは体内から無くなってしまいます。

どのくらい治療の効果が持続するのかによって、治療を受ける
頻度を考慮しなければいけません。

治療の持続性は個人差や、注入するビタミンによっても
変わりますが、おおむね約3日から1週間程度続くと言われています。

ビタミン注射の効果を持続させるには、1週間に1回から
2回程度の治療を受けるのがベストです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です