打つビタミン注射を施術できるのは、どこの病院でも取り扱われているわけではなく、特定の医療機関だけなので実施しているか確認を行う必要があります。

点滴と違って注射で有効性が得られる症状はお肌に対するものが多く、活性酸素に対する抗酸化作用でメラニンの発生を減らして美白を目指したり、シミや肝斑の予防、ニキビの炎症の緩和などが効果として考えられるので、皮膚科や美容外科などの皮膚疾患治療が行える病院で実施されていることが多いです。

 

病院で

ビタミンCは、コラーゲンを増やすのにも役立つためシワが目立つ部分にビタミン注射を直接行えば、シワの解消やたるみが取れてリフトアップに繋がったり、毛穴の引き締めまで効果が働くことがあるので、アンチエイジングを行いたい人にも適しています。

状態が良くなってくるまでには、時間がかかって即効性はありません。

ビタミン注射を行っている皮膚科や美容外科などで、効果的に成果をあげたい場合には、これまで治療実績が豊富にあるところで受けることが大切です。

 

お肌の状態によって、何週間おきにどれくらいの量の
ビタミン注射をすれば効果が期待できるかデータを
持っているので、無駄に接種されてしまったり
間隔が空きすぎて効率が悪くなったりすることを
防ぐことができます。

過剰に体内に入っても尿として排出されるため、体に
影響がないと考える医者が多いですが、腎臓などに負担が
かかる可能性もあるため、適切な量を効果が高いときに
摂取できることが望ましく、ベストなタイミングを
はかることができる医師のところで受けたほうが良いです。