口から摂取するより吸収率が高い

ビタミン注射はビタミンB群とビタミンCが豊富に含まれている
混合剤で直接静脈内に投与します。

ビタミン注射に使われるビタミンはB群は主に
ビタミンB1、B2、B6などですがこれらを体内に取り入れることで
疲労物質である乳酸を燃焼させてエネルギーに変換してくれます。

そのため慢性的な疲労感やストレスを過剰に感じる場合
関節痛、筋肉痛などがある場合に効果を発揮するというわけです。

さらには生体内の細胞の産生を助けて新陳代謝を促進させたり
葉酸とともに赤血球内のヘモグロビンの合成を行い貧血を
予防するなどの効果ももちます。

またビタミンCには強い抗酸化作用があるため活性酸素を除去し
発がん物質の抑制や動脈硬化の予防を行います。

このようにビタミン注射の持つ効果には様々なものがありますが
注射以外にも食事から補う方法もあります。

しかしビタミン群は経口摂取してしまうとすべて腸管で
吸収されることはないため、効果が乏しく感じる場合があります。

一方ビタミン注射であれば静脈内投与ですのですべての成分が
余すことなく全身に投与されるため吸収率は100%となり
経口摂取に比べてはるかに効果が高くなります。

通常であれば静脈注射は経口摂取の10倍以上の吸収が
発現されると言われています。

また経口摂取の場合ストレス過剰状態や胃腸障害などで
十分に浸透しない可能性もあるため、すぐに効果を
実感したいのであればビタミン注射がおすすめというわけです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です