レモンなどのフルーツを食べると、美肌に良いといわれる
ビタミンCを摂取できますが、少ない量ではなかなか
効果があらわれないので、短時間で効果を得たいときは
ビタミン注射を受けましょう。

美容外科でビタミン注射を受ければ、わざわざ食事で
摂り込まなくても、一度に大量のビタミンCが大量に
体内に注入されるので、お肌にハリを与えたり
しわを伸ばす効果を期待できます。

食事やサプリで体内に入れたとしても、胃酸で
分解されてしまうので、吸収できる量は限られていますし、
ビタミンC配合の化粧品を使っても、皮膚の奥深くまで
しっかり浸透するとは言いきれません。

ビタミン注射で、血中に直接ビタミンCを注入すれば、
大切な成分を逃すことなく、体内の隅々に
行き届けられるので、美肌効果を実感しやすくなります。

美容外科に行くと、1回当たり2000~2500mgほどの
ビタミンCを投与してもらえるので、お肌にハリを
感じなくなったり、しわやほうれい線が出来たときは
施術を受けるようにしてください。

ビタミンCは多めに摂取した場合でも、余った分は
尿から排出されるので、摂り過ぎによる副作用の
心配はないですが、体内にため込むのは不可能なので
定期的に摂取する必要があります。

週1~2回の間隔でビタミン注射を受ければ、肌の内側から
ハリや弾力を与えられますし、しわやほうれい線が
目立たなくなり、若々しい見た目になれるので
継続して通うことをおすすめします。