メインイメージ

トップページ

高濃度ビタミンC点滴療法は15~75g程度のビタミンCを大量に点滴するという治療法です。

ビタミンCは免疫力を高める効果や病気を予防する効果、美白効果、アンチエイジング効果などがある成分としてよく知られていますが、人間は体内でビタミンCを生成することができません。
そのため外部から取り入れる必要があるのです。ビタミンCはしサプリメントなどで摂取することもできます。

しかし、経口摂取では血中濃度がある程度以上に上昇した場合、自然に尿として排出されてしまいます。高濃度ビタミンC点滴療法なら血中に直接ビタミンCを届けられるというメリットがあります。
高濃度ビタミンC点滴療法はがん細胞に対してだけ選択的に毒性として働くと言われています。ビタミンCは自身が酸化されることで強力な抗酸化作用を発揮するのですが、その時に大量の過酸化水素が発生してがん細胞を攻撃するということです。正常な細胞は過酸化水素を中和できるので問題ありません。

高濃度ビタミンC点滴療法の治療効果は臓器によっても変わってきますし、どんな人にでも期待できるものではありません。

しかし、他の治療法とは異なり、副作用がないということが大きなメリットとなっています。
がんで治療中の患者の中でも有効な治療法がないと言われた人や他の治療法の副作用が辛いという人、治療が一通り終わって再発を予防したいという人などにおすすめです。

高濃度ビタミンC点滴療法のペースなどは特に決まってはいませんが、闘病中の人は週に2~3回の治療を受けると良いでしょう。一定の治療が終わって状態が落ち着いている人や再発を予防したい人などは週に1回程度の治療で問題ありません。

がん発症の可能性が高く、予防目的で治療を受けたい場合は2週間に1回程度のペースで治療を受けましょう。
点滴にかかる時間はビタミンCの量によって異なってきますが、だいたい1~2時間程度となっています。また、年齢や血管の状態などによっても時間は変わってきます。

 

Copyright© 2010-2020 tugitugi All Rights Reserved.