そもそもプラセンタとは?

プラセンタは動物や植物の胎盤から抽出するエキスです。生き物にとって胎盤は栄養成分が凝縮している場所であり、そこから摂れる成分は非常に栄養価が高いことが分かっています。

人間のホルモンに似た働きを持っているため、プラセンタ療法は女性の更年期障害の緩和やアンチエイジングのために多く使われていました。しかしながら男性の更年期にも同じく、プラセンタ療法が効果があると注目されています。

男性の更年期

プラセンタは馬や豚、さらに牛から抽出されることがほとんどです。けれども医療分野においては、人の胎盤由来のプラセンタのみが医薬品扱いとなります。

男女共に更年期はホルモンの分泌が低下することが原因です。それゆえにホルモンを補充することが治療法のひとつとなりますが、プラセンタ療法により医薬品のヒト由来のプラセンタ注射薬を処方します。

プラセンタ療法により自然治癒力が高まり、免疫力も向上して更年期に負けない体質作りができるのです。自然治癒力を上げるプラセンタ療法の魅力は、薬に頼らないことも挙げられます。

自然な形で更年期の不調を改善することができるのです。点滴や注射で体内に入れるので、吸収が早いというメリットもあります。

男性の更年期障害に役立つ効能

プラセンタには多くの栄養成分が含まれています。その中でも更年期に役立つ成分として挙げられるのが、たんぱく質やアミノ酸、さらに活性ペプチドやビタミン類です。ムコ多糖類と呼ばれる成分も、循環と代謝を正常化させるために重要な存在と言えます。

そもそもエネルギーを作る源となるのが、たんぱく質源がアミノ酸です。中年期を迎えると、今まで以上に疲れやすくなる人が増えてきます。これは男性ホルモンの分泌低下に伴い、疲労回復力が弱まってしまうことが関係しています。

しっかりとたんぱく質とアミノ酸を補給して、心身の疲れに負けない体作りが必要です。

また筋肉や骨を丈夫にしてくれるのが、活性ペプチドです。中年期の男性を苦しめる薄毛や筋肉の衰えなどを改善するためにも、活性ペプチドを摂取しなければなりません。

そしてビタミン類は、体の臓器の働きを正常化させて生活習慣病を予防するために必要です。自律神経の乱れを整えたり、皮膚や髪の毛の状態を良くする効能もあります。

最後にムコ多糖類は、ヒアルロン酸やコンドロイチン硫酸などを含む成分です。細胞に栄養を届けて老廃物を排出するために欠かせません。
プラセンタ療法であれば、こうした必要成分をしっかりと補給することができるのです。

男性の健康維持